▼はじめに 冒頭から少し話が逸れますが、陸上自衛隊の幹部教育には「戦史」という課目はありますが、戦争に至る情勢や外交、戦後処理などについて体系立てて幅広く学ぶ「外交史」や「戦争(指導)史」のような課目はありません。当然な

新型コロナウイルスが国家安全保障の問題の段階の大問題になっています。 特許情報を用いて新型コロナウイルスの対策案がどこまで具体的に発想できるのかを試行してみました。 対策は、①ウイルスの検出と消去というウイルスを対象にし

▼はじめに(「日露戦争」について)  今回から2回に分けて「日露戦争」の経過と結果を振り返えろうと思います。「日露戦争」は、私にとりましては、自衛官時代に「戦史」として学んだこともあって、とても“なじみ”があります。何と

▼はじめに(「優勝劣敗」について)  さて、「戦争(争い)の勝敗」は、一般的には「優勝劣敗」つまり「力(戦力)」が勝っている側が勝利します。この「力」には「有形」と「無形」の要素があります。「有形」の要素には兵員数、兵器

▼はじめに(新コロナウイルスについて)  ここまでくると、新型コロナウイルス問題に触れないわけにはまいりません。日々新たなニュースが世の中にあふれ出し、あたかも中国発の新型ウイルスが急激に蔓延し、明日にも人類社会が大パニ

2020年、米中関係の行方、そして日本経済のトレンド 目次 はじめに 2020年、国際社会の行方                ――P. 2(1)2020年は国際政治の転換点  ・転換点の国際政治(2)ステイグリッツの`

▼はじめに  19世紀の英国首相パーマストンが語った「英国は永遠の友人も持たないないし、永遠の敵も持たない。英国が持つのは永遠の国益である」との有名な言葉があります。当時は、大国間の力の均衡で平和が維持されていましたので

冬のオランダに観光客を呼び込むアムステルダム・ライト・フェスティバル。その創始者の一人、ハンク・ヤン・ブーシェル に、その歴史を聞いた。 Q:長年ボート業界の発展に尽力されていますが、まずはボートとかかわるきっかけをお聞