Author Archive

久野 敦司

久野 敦司

1956年生まれ。
1978年春、海上保安大学校本科通信工学課程卒業、2005年、金沢工業大学大学院工学研究科の知的創造システム専攻にて修士課程修了。
1979年末まで、第3管区海上保安本部下田海上保安部の巡視船しきね通信士を経て、海上保安大学校の練習船こじま通信士 兼 海上保安大学校教官。
1980年、オムロン株式会社に入社し、制御機器事業本部にてプログラマブルコントローラのソフトウェア開発を経て、
オムロン株式会社中央研究所にて知能ロボット用3次元物体認識、実装基板のハンダ付け外観検査装置等の画像認識技術の研究開発。
その後、知的財産センタにて権利取得業務、社内知財教育、社内制度整備、ライセンシング、特許権侵害訴訟、知財リスク対策に従事した後、
2000年から米国に駐在し、Omron Management Center of America Inc.にて、オムロングループの北米エリアの知財マネージメントをDirector of Technology and Intellectual Propertyとして統括して、 知財管理制度と運用体制を構築。
2003年に帰国後、オムロン株式会社の事業開発本部にて、センサーネットワーク,RFIDシステムの事業特許統合戦略に従事。
その後、オムロン株式会社の環境事業推進本部の設立企画プロジェクトに参画した後、2008年からオムロングループの知財活動の強化プロジェクトのプロジェクトリーダーとしてオムロングループの知財ポリシーの制定、知財シナリオに基づく業務体制の構築を主導。
その後、2011年からオムロングループのIoT戦略の立案を主導し、その過程でSenseekアーキテクチャを発明するとともに、 若手の育成を兼ねたSenseekプロジェクトのプロジェクトリーダとして、国のIoT推進ラボの支援対象プロジェクトへの選定、オムロングループのIoT戦略の作成と戦略の実行体制の構築およびセンシングデータ流通市場創設を国家戦略とすることの提案を主導した。

2016年にオムロン株式会社を定年退職し、現在は、PatentIsland株式会社の代表取締役社長。

  お問い合わせはこちらへ

知財戦略は事業・技術・知財の統合戦略の一部として位置づけなければなりません。なぜならば、事業戦略も技術戦略も知財戦略も顧客や社会に対して価値をもたらすために存在している企業の計画だからです。 事業・技術・知財の統合戦略の

日本経済の問題点の解決にプールにおける水の循環と給水の仕組みが参考となる。例えば、特許第2704648号が参考として挙げられる。上記の特許発明の代表図(下図)を用いて、日本経済との対応関係を示す。政府と民間経済の間の貨幣

【概要】 現在の日本の財務省主導の財政運営は、「運転能力の衰えた高齢者が事故を恐れるあまり、消費税というサイドブレーキをかけたままで走行しようとしてエンストをしている」のと同じである。そこで、高齢者の運転を支援する特許技

【前書き】特許と恐慌回避は一見すると無関係に見えますが、その間には隠れた大きな関係があります。1927年(昭和2年)に昭和金融恐慌が発生した時に大蔵大臣として昭和恐慌から日本を脱出させた高橋是清は、1884年(明治17年

新型コロナウイルスが国家安全保障の問題の段階の大問題になっています。 特許情報を用いて新型コロナウイルスの対策案がどこまで具体的に発想できるのかを試行してみました。 対策は、①ウイルスの検出と消去というウイルスを対象にし

政府貨幣を年間100兆円発行して日銀に当座預金して政府支出の財源とすることを継続すれば、PB黒字化目標とデフレ脱却&経済成長を両方とも達成できます。 政府貨幣を年間100兆円発行することは法改正無しで実現できます。 通貨

#日本経済復活の会(AJER)の久野 敦司さんと諸星 たおさんの合作 財政規律くんと、素直くんの会話(下記への追加修正および複製は自由です。私たちは本件の著作権を放棄します。誰か、挿絵を入れてください。)========

社会の進化とともに、「債権と債務の記録」からだんだんと不要な限定条件が外れていき、使いやすい形態になっていき、貨幣が誕生したという仮説を持ちました。何らかの刺激の1つとしていただければ、幸いです。  【貨幣発生までの過程