Posts In Category

食料・資源・エネルギー

目 次 はじめに 後退する戦後世界の経済秩序 ———- P.2 ・大西洋憲章(Atlantic Charter) 第1章  海図なき船出のジョンソン英国 ——&

▼はじめに(「日露戦争」について)  今回から2回に分けて「日露戦争」の経過と結果を振り返えろうと思います。「日露戦争」は、私にとりましては、自衛官時代に「戦史」として学んだこともあって、とても“なじみ”があります。何と

他国の領地を購入することは戦争以外で領土を広げる手段でもある。1603年ジェファーソン大統領は1500万ドルでルイジアナを購入した。1667年ジャクソン大統領は700万ドルでアラバマを購入した。1803年ナポレオンはカナ

はじめに Ms. Elizabeth Warren とMs. Shoshana Zuboff ・米上院議員 E. Warren 女史 米国大統領選2020へ、あと1年を切りました。共和党、民主党それぞれは、その大統領選候

▼はじめに  本歴史シリーズを発信開始してから、記念すべき第10回目となりました。読者の皆様はいつもご愛読ありがとうございます。まだまだ“序章”にしか過ぎませんが、幕末ぐらいから、日本史と世界史の“横のつながり”と日本史

▼はじめに 前回、『先占の原則』を紹介しましたが、1988年に英国のサッチャー首相が「ヨーロッパ人がいかにこの世界の多くの土地を探検し、植民地化し、文明化したかは、まことにすばらしい勇気と才覚の物語でありました」と発言し

▼はじめに 我が国の江戸時代と時を同じくする17世紀から19世紀にかけて、欧州諸国は、その後の国際社会に甚大な影響を及ぼすことになった「大変革」を遂げました。まずは、本歴史シリーズの目的などから、それらの実態をわずかに3

1.銅スクラップ従来は銅地金の相場をLME(London Metal Exchange)中心に追いかけていたが、銅スクラップなど銅製品の原料となる銅スクラップの対中輸出にブレーキがかかっている。中国景気の減速もあり日本で