Home»オピニオン»リビア方式は実現するか?

リビア方式は実現するか?

0
Shares
Pinterest Google+

yamashita20180509のサムネイル

1 始めに

北朝鮮の非核化等をめぐる動きが目まぐるしい。

5月8日には異例とも云うべき中朝首脳会談が大連で行われた。ボルトン米大統領補佐官は、北朝鮮の非核化については、「リビア方式」で実施すべきと言明(5月1日)している。(なお、ボルトン氏は、リビア大量破壊兵器廃棄時には、米国務次官として辣腕を振るった。)米国のポンペイオ国務長官は、北朝鮮を訪れて(5月9日)、米朝首脳会談に関する事前交渉を行っている。

斯様に、北朝鮮の非核化(等)の進め方等に関する米朝協議の下準備が進められている。日中韓首脳会談(5月9日)でも連携確認がなされた。

リビア方式とは如何なる方式なのか、どのように実施されたのかを各種ニュース報道及び「リビアの大量破壊兵器開発計画放棄、国際社会の…調査」(経産省委託調査 2007.3㈶日本エネルギー経済研究所)等を参考に取りまとめると共に、何が論点かを検討した。

 

2 リビア方式の概要

(1)米国の要求

米国が望む朝鮮半島の非核化は、北朝鮮の完全且つ検証可能、不可逆的な非核化(CVIDと云う。Complete(完全) 、Verifiable(検証可能)、Irreversible(不可逆  的)、Dismantlement(廃棄))である。

2003年3月イラク戦争が勃発、5月には大規模戦闘が終結、12月にはフセイン大統領が拘束された。これに衝撃を受けたリビアのカダフィ政権は大量破壊兵器(WMD)の放棄を表明し、これを実行に移した。この際の成功例を、米国は踏襲しようとしている・・・

Previous post

情報メモ4「日経新聞情報散歩」

Next post

This is the most recent story.