Home»連 載»世界の目»検証 米朝首脳会談 – Facts & Impact

検証 米朝首脳会談 – Facts & Impact

0
Shares
Pinterest Google+

hayashikawa20180613のサムネイル

 

目次

はじめに:史上初の米朝首脳会談 — P.1

1.検 証、シンガポール米朝首脳会談 — P.4

2.米朝首脳会談と‘戦後日本’の総括    — P.6

おわりに:過去のサミットの教訓と米朝首脳会談 — P.9

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はじめに:史上初の米朝首脳会談

6月12日は、TV特番中継放送にクギ付けとなる一日でした。云うまでもなく、その日、シンガポールのリゾート地、サントーサ島のカペラ・ホテルで行われた、史上初となる米大統領、トランプ氏と北朝鮮委員長、金正恩氏との米朝首脳会談の様相を伝えるものでした。それも今尚、交戦状態にあり、外交関係もないままの両国トップの会談です。

さて、北朝鮮の金正恩委員長は、「新年の辞」で平昌五輪への参加に言及して以降、周辺国との関係改善に舵を切ったものと見られる中、3月5日、韓国のチョン・ウイヨン国家安保室長が、韓国文大統領の特使として北朝鮮金委員長と南北朝鮮統一問題について平壌で会談した際、同委員長からトランプ大統領と早期に直接会談したいとの意向表明があり、その要請を受け同特使は3月8日、ホワイトハウスを訪問、トランプ氏にその旨を伝えた処、彼からは即座に応諾があり、途中の経過(注)はともかく、今回、シンガポールでの開催となったものでした…

Previous post

‘非核化’ 騒動を巡る世界、そして問われる「戦後日本」の総括

Next post

This is the most recent story.