Author Archive

湾仔

湾仔

某財閥グループにて米・英・香港・北京など海外に20年駐在。欧米での長い経験と数多くの香港企業との付き合いからクールに中国ビジネスを見ている

従来中国が輸入して処理していたが、中国政府は環境対策として輸入を絞り出した。その結果? #段ボール古紙の場合段ボールの原料となる古紙の価格が下落している。従来中国向けが最大の輸出先であったが環境保護などを名目にして輸入規

元元、中国本土への容疑者移送を可能にする逃亡犯条例に反発した学生を中心とする香港人の抗議活動が進み、香港警察を取り囲み香港島中心部は彼らによって封鎖された。日本のマスコミとしては中国関係はあまり悪い記事は書かないが、今回

中国経済は引き続き低迷している。5月27日の国家統計局発表では中国工業部門企業利益は4月が前年同期比3.7%減となっている。需要の低迷と製造業の活動が低迷しているためだ。更に上がり続ける高賃金が問題だ。米中貿易戦争とマス

2018年後半から急に減速した中国経済だが日本の経済界では回復感を宣伝する人も多い、一般的には景気の先行きに不安が多く、景気見通しを聞くと中国経済の先行き不安を根拠に先行きは不安定との回答が多い。 中国国家統計局が3月末

中国政府の一帯一路政策などと同様に日本では実際にファーウエイから追加注文があると期待した連中がファーウエイとも組むべきだとする論調に押されているが、筆者の見るところ本件は暫時米国の政策にfollowすべきと考える。 米国

中国石油加工(シノペック)の貿易部門の子会社が原油取引に絡み70億元以上の損失を出した。このため停職処分を受けた人物には企業内の共産党組織のトップである書記もいた。社内の党組織は経営に深く関与しないのが通例で彼の場合は処

中国共産党政府発表の経済統計に対する疑問はすべての人が持っている、信頼性はないが風がどちらに吹いているのか教えてくれると言うのが一般的な認識であろう。1/22発表の中国の実質成長率は6.6%で28年ぶりの低水準だが、それ

2018年は国際商品の相場が全般に下落基調にあった。外為市場でドル高が進みドル建てで取引する商品に売り圧力がかかった。同時に原油に供給増との予測が強まりさらに米中貿易摩擦により非鉄の需要が減るとの見方もでてきた。エネルギ